Technologies

フォトニクスアッセンブリー及びテスト用メカトロニクス

柔軟で高度にモジュール化され、完全に統合されています。
強力なソフトウェアによって制御されるメカトロニクス技術。

今日、ハイテクアプリケーション用のフォトニックデバイスはますます複雑になっています。多様なフォトニック特性を備えたより多くの光学素子を、より小さなパッケージに統合する必要があります。

ficonTECマシンは、最先端のメカトロニクスシステムの定義を満たし、完全に統合された高度な機械的運動/位置決め要素、電子及び光学機器、そして強力なソフトウェアツールですべて調整されています。

数百台のマシンの設置ベースの蓄積された経験により、継続的なマシン開発により、いくつかの定評のある、高度にモジュール化され、完全に統合可能な製品ラインが生まれました。その結果、性能と再現性のレベルがかつてないほど高くなり、したがって、当社の機械が組み立てられるように設計されたデバイスそのものの歩留まりが高くなり、一個当たりのコストが少なくなります。

また、これらの継続的な開発により、フォトニックデバイスアッセンブリーに於ける急速に変化する顧客の製造ニーズに先んじることができます。

technologies-capabilites-optical-modules-02
technologies-capabilites-technologies-mechatronics-02
technologies-capabilites-technologies-mechatronics-03
technologies-capabilites-technologies-mechatronics-01

複数自由度の正確な位置決めとアライメント

マシンビジョンと組み合わせた最先端の位置決めシステム
柔軟性と信頼性の高い高精度アライメントを確保

solutions-platforms-photonics-device-assembly-02

数百万サイクルにわたる小さなコンポーネントの正確で再現性のある信頼性の高い位置決めは、当社の機械の設計における主要な考慮事項の一つです。市場で最高のメカニカルモーションステージは、独自のコンポーネントで補完され、精度と産業グレードの堅牢性を兼ね備えています。従来のリニア並進ステージとゴニオメーターのスタック、ヘキサポッドのような6自由度(自由度)デバイス、長距離ガントリー、スカラロボットおよび擬人化ロボットは、当社の機械に日常的に組み込まれています。

最先端のリアルタイムコントローラは、ピボットポイントベースのモーションスペースや高速アクティブアライメントなどの高度な機能を備えた多軸システムの高速位置決め補間を保証します。
複数のカメラシステムと高度なマシンビジョンアルゴリズムがモーションコントロールにシームレスに接続され、ガイダンス、事前調整、及びその他の高度な機能を提供します。運動空間と視覚空間は、自動化された幾何学的なキャリブレーション手順を介して関連付けられます。

最後に重要なことですが、すべてのハードウェア機能は、ficonTECの柔軟でモジュール式で使いやすいプロセスプログラミングソフトウェア、PROCESS CONTROL MASTERによって制御されます。

fiber-array-over-waveguides

導波路上にデユアルファイバーアレイの位置決め(ウエハ上)

所定の位置にボンディング

いくつかのボンディング技術が利用可能です。
信頼性の高いパフォーマンスと長いコンポーネント寿命を保証します。

UV及び/又は熱硬化エポキシ、レーザー溶接、ろう付け、はんだ付け、リフロープロセス、およびレーザー誘起はんだ付けなど、様々なボンディングアプローチは、マイクロアッセンブリー中の非常に重要な手順です。典型的なアプリケーションには、レーザーダイオードチップとレーザーバーボンディング、フォトダイオード、マイクロ光学素子とレンズ、光ファイバー、LEDなどの基板、サブマウント、又はフルフォトニクスウエハーへのボンディングが含まれます。

選択したタイプのボンディングの自動化アプローチでは、プロセスを完全に制御する必要があるため、いくつかのタスクと目標を達成する必要があります。

  • エポキシボンディング用の異なる粘度の接着剤の正確な塗布
  • ディスペンシング後の正確な事前調整の再配置
  • 適切に分散/時間指定されたUV点滅
  • レーザー溶接のためのレーザービームの正確なガイドおよび集中
  • はんだ付け及びレーザー誘起はんだ付けの制御された熱サイクル/熱分布。

ficonTECは、光電子フリップチップアセンブリを含む多くのフォトニクスマイクロアッセンブリータスクの為に、いくつかの定評のあるダイボンダーシステムを提供します。

Slide solutions-platforms-laser-diode-assembly-bonding technologies-capabilities-technologies-bonding-05 homepage-solutions-capabilities-01
technologies-capabilities-technologies-bonding

溶接

technologies-capabilities-technologies-bonding-04

はんだ付け

technologies-capabilites-bonding-02

UVエポキシボンディング

光学テストおよび電気テストの組み合わせ

当社の試験装置は、自動化された試験と特性評価に焦点を当てています。
シングルチップからウエハーレベルのフォトニックデバイスまでの開発。

「シングルダイ」又は「パッケージデバイス」レベルでのテストのいくつかの形式は、アッセンブリープロセス内の必要なステップとして、しばしばficonTEC製造装置に含まれています。フォトニクス製造の量が増加するにつれて、高度に自動化された試験機が独自のポジションを獲得しました。

また、完全なウェーハーレベルのフォトニクステストへの明確な傾向が見られます。半導体の世界では、数千のピンを保持するプローブカードを使用したウェーハーレベルのテストが一般的であり、通常なコンタクトパッドは80 x 80 µm2です。但し、光学プローブには、垂直方向にアクセス可能なグレーティングカプラー又はエッジ結合を使用したサブミクロン範囲で、遙かに高い位置精度が必要です(後者は、ウェーハーレベルでより多くの課題があります)。

フォトニックデバイスのテストには電気プローブと光学プローブの両方が必要であるため、何らかの統合アプローチが必要であり、モジュール式の多チャンネル計器が提供する複合電気光学プローブヘッドの開発を促しています。一般的なテストには、光パワー挿入損失、スペクトル測定、電気/光帯域幅、温度依存性測定などが含まれます。同時テスト用の光チャネルの数が増えると、可変レーザー光源、マルチチャンネルパワーメーター、光スイッチなど、モジュール式計測器への要求が増加します。

solutions-platforms-machine-platforms-tl1000-sq

テストプロトコルと自動化されたテストシーケンスは、当社の構成可能なPROCESS CONTROL MASTERソフトウェアのメリットを再度受けることができ、プロセス追跡データをSQLデータベースに直接接続することで、たとえば生産歩留まり向上のためのツールとしてユーザーにデータの統計分析へのアクセスを提供します。

「詳細情報」